2005年01月13日

[フックスイッチ]

固定電話の受話器を置くところにある白い出っ張りは正式には「フックスイッチ」というそうです。

受話器が上がっている状態を「オフフック」、受話器が置かれている状態を「オンフック」といい、電話交換機はこれで通話状態か切断状態かを判断します。

一般には0.3秒以上「オンフック」が続いていると機械が「切断」だと判断するそうで、それ以下の時間であれば、一度受話器を置いてもまたつながるのだとか。

食べ物を落としても「3秒ルールだから大丈夫」といって口に入れてしまう人がいますが、電話は「0.3秒ルール」というわけです。

続きを読む


posted by molten at 11:16| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。