2005年02月10日

[ヘラクレス]

以前、ギリシャ神話の神アトラスは、世界(天)を支える役目をしていたという話を紹介しました(2004/12/17記事[アトラス]参照)が、その時に背負っていた天を支える柱があり、その柱を「ヘラクレスの柱」というのだそうです。

現在のスペインとモロッコを隔てる「ジブラルタル海峡」が、ギリシア時代に「ヘラクレスの柱」と呼ばれていた場所です。ここから西へは行けず、世界の終わりだと思われていたからです。

また、ドルマーク($)の縦線(本当は2本)は、この「ヘラクレスの柱」を意味しているそうです。
続きを読む


posted by molten at 20:45| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。