2005年02月28日

[升]

一升瓶の「升(しょう、ます)」は、奈良の律令制から伝わる、日本独自の容量の単位ですが、時代によってその量は微妙に変化しています。

戦国時代、豊臣秀吉の太閤検地によって統一された「京升(きょうます)」は、縦横が4寸9分(およそ14.8cm)、深さ2寸7分(8.2cm)のマスです。(1寸=3.03cmで計算)

つまり14.8×14.8×8.2=1796.1(t)。

およそ1.8リットルで、現在の「一升」はこの「京升」をもとにしています。
文字通り、京都を中心として広がっていきます。
明治期になると「京升」が「公定升」と呼ばれ、全国統一を見ます。

続きを読む


posted by molten at 15:03| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。