2005年03月07日

[googol]

インターネットサーチエンジンの「Google(グーグル)」は、「googol(グーゴル)」という言葉がもとになっています。

これは「10の100乗」を意味する言葉で、アメリカの数学者、エドワード・カスナー氏による造語だそうです。

1938年、カスナー博士は、当時9才の甥っ子であるミルトン・シロッタ君に「10の100乗はなんて言おうか」と聞いたところ、ミルトン君は「googolがいい」と言ったのを受けて、「googol」と命名します。

10の100乗は、1の次に0が100個付く数字ですから、実際に書くと、
10000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
ということになります。


続きを読む


posted by molten at 13:54| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。