2005年03月15日

[ヘムロック]

「ヘムロック」とはギリシア語で「毒人参」という意味の言葉です。

セリ科の植物で、茎の表面に紫色の斑点がある、カブのような植物だそうです。
主にヨーロッパで栽培され、文字通り猛毒を持っているため、古来、毒殺刑にも用いられていました。

哲学者のソクラテスの死刑に用いられたものとしても有名です。
プラトンの「パイドン」という書物には、ソクラテスがヘムロックを煎じた液体を飲み干してから死に至るまでを詳細に語っています。

続きを読む


posted by molten at 17:39| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。