2005年05月04日

[小僧]

回転寿司チェーンの「小僧寿し」の「小僧」とは、「小僧の神様」という小説からとられたものだそうです。

「小僧の神様」は、志賀直哉が1920年に発表された短編小説で、国語の教科書にも掲載されたことがあります。

秤屋の小僧、仙吉は、番頭たちが「寿司」について話しているのを聞き、一度食べてみようと寿司屋に入り、一つ注文しますが、「ひとつ6銭だよ」と言われて、その寿司を置いて逃げるように店を出ます。

仙吉は4銭しか持っていなかったからです。
続きを読む


posted by molten at 12:13| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。