2005年05月07日

[二点弁別閾]

例えば、Aさんが二つの鉛筆でBさんの背中をつついてみると、2本の鉛筆の間が相当離れていないと、Bさんは「2本だ」と気付きません。

これは、背中の皮膚にある感覚器官がまばらなためで、2点の刺激を「2点だ」と認識できるギリギリの距離を、「二点弁別閾(にてんべんべついき)」と言います。

続きを読む


posted by molten at 16:52| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。