2005年05月17日

[血管]

先日、血液で発電する燃料電池が開発されたそうです。

東北大大学院工学研究科の西沢松彦教授らの研究グループが、血液に含まれる糖分で発電する燃料電池を開発したと発表しました。

1円玉サイズの電極を牛の血液成分である「血清」につけたところ、0.2ミリワットの電力を生じたそうです。
続きを読む


posted by molten at 18:11| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類不能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。