2005年08月03日

[赤方偏移]

物体が光の速さに近い高速で離れていくと、それを見る人にとっては光の波長が長く感じることで、赤っぽく見えるようになる事を、「赤方偏移(せきほうへんい)」といいます。

これは救急車のサイレンが遠ざかるほど低く聞こえる「ドップラー効果」と同じで、「光のドップラー効果」ともいわれています。

逆に高速で近づいてくる物体は青っぽく見えるのだそうで、これを「青方偏移」というそうです。

続きを読む


posted by molten at 19:26| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。