2006年02月07日

[デブ]

「デブ」という言葉は、英語由来だとする説があります。

英語で二重アゴのことを「ダブル・チン(double chin)」と言いますが、それがなまって「デブチン」となり、そこから「デブ」が残ったという説です。

「デブ」という言葉が使われるようになったのは明治期以降だそうで、英語が入ってきてからの言葉だと考えると、信憑性も高いのだそうです。

「デブ」の正式名称は「デブチン」なんですね。

続きを読む


posted by molten at 11:19| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。