2006年02月22日

[魂の一行詩]

「俳句」のことを、「魂の一行詩」と呼ぼう、という動きがあるようです。

発起人は、元・角川書店で、現角川春樹事務所社長である、角川春樹氏です。

角川氏は、自社の月刊誌「ランティエ」に連載を設け、俳句を若者にアピールする目的で「魂の一行詩」というコーナーを連載しています。

月刊誌「ランティエ」(角川春樹事務所)

そこからどうも角川氏は、ニュアンス的に「俳句」という名前をを全面的に「魂の一行詩」と変更したい、という勢いを伺わせます。

そうなったら、例えば、
「○○さん、ご趣味は…?」

「ええ、お花と『魂の一行詩』を少々…」
とか、

「さて、来週の試験範囲は、夏目漱石の『こころ』と、松尾芭蕉の『魂の一行詩』だぞー」
なんてことに。

角川春樹氏自身も「俳人」という肩書きを持っていますが、今後「魂の一行詩人」に変更しなくてはいけません。

定着しないんじゃないですかね…?



続きを読む


posted by molten at 13:38| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類不能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。