2006年02月27日

[電報]

今年1月末に、アメリカでは「電報」が完全廃止されたそうです。
いうまでもなく、メールやインターネットの普及によるものです。

1851年にwestern union社がニューヨークで電報業務を開始してから、155年後の出来事でした。

電報の全盛期といわれる1920〜30年代には、最大1日2億通あまりのやりとりがあったそうですが、最後の日である2006年1月27日の電報は、全米で10通だったそうです。

アメリカ最後の「電報」、内容はどんなものだったのか、気になります。

電報って「チチキトク スグカエレ」みたいなイメージがまだありますからね。

続きを読む


posted by molten at 13:03| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。