2006年02月28日

[February]

2月が他の月よりも日数が少ないのは、初代ローマ皇帝アウグストゥスが、自分の生まれ月である8月を1日増やすために、2月から1日奪ったのがその理由だと言われています。

当時、奇数月が大の月(31日)、偶数月が小の月(30日:2月だけ29日)だったのですが、8月が小の月であることにアウグストゥスが激怒、急遽大の月へと変更したという話です。

当時の暦は3月から始まって、2月で終わるというものだったので、最後の年である2月が槍玉にあがってしまいました。
もともと少ない月だったので、もう1日ぐらいいいか、と思ったのかもしれません。

8月を英語で「August」というのは、この皇帝アウグストゥスの名前が由来となっています。

そして2月(February)は、ローマでの清めの儀式、「Febraus(フェブラウア)」から取られているそうです。

清めの儀式の月を1日奪うとは、さすが皇帝です。

続きを読む


posted by molten at 17:06| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。