2006年06月08日

[庚申]

夏目漱石の本名は「夏目金之助」ですが、名前の由来は夏目漱石の誕生日に関係があります。

夏目漱石は1867年2月9日生まれですが、その日は十干十二支でいう「庚申(こうしん)」の日に当たります。

当時、この日に生まれると大泥棒になるという言い伝えがあり、その日に生まれた子供には「」をつけ、お金に困らないようにするという習わしがあり、結果「金之助」となった、ということなのだとか。

続きを読む


posted by molten at 16:25| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。