2006年06月19日

[ウミガメ]

ウミガメの産卵で、ウミガメの母親が流しているのは涙ではありません。

目にたまった海水でもありません。

あれは、高濃度の塩水です。

ウミガメには目尻に「塩類腺」と呼ばれる分泌器官があり、ウミガメが海中にいる間に海水から摂取してしまった塩分を濃縮して排出する役割があります。

つまりウミガメは産卵の時だけ「泣いて」いるわけではなくて、いつでも塩分を排出しているだけなのです。

感動的なシーンも、単なる排泄にしかみえなくなる、恐ろしい雑学です。

続きを読む


posted by molten at 19:19| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。