2006年07月24日

[有頂天]

「有頂天」とは「物事に熱中して我を忘れること」という意味ですが、もともとは仏教用語で、サンスクリット語の「BhaVagra」=「世界の最も上の位置」をいうそうです。

仏教では世界を「欲界(よくかい)」「色界(しきかい)」「無色界(むしきかい)」「三界(さんがい)」に分けて考えます。

「欲界」とは形もあり、欲望もある世界、
「色界」とは形はあるが、欲望のない世界、
「無色界」とは形もなく、当然欲望もない世界、を表すそうです。

人間界は勿論、「欲界」に属します。
ここから上の「色界」「無色界」は仏の領域ですが、その「無色界」の頂点が「有頂天」です。

有頂天ホテル」って、ものすごいところに位置しますね。

続きを読む


posted by molten at 16:06| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。