2005年12月05日

[0823 ホーチミン(23)]

旅行記第90回。
ベンタイン市場から、昼食の話へ。

ではどうぞ。

これで3度目になった、ベンタイン市場入り。
今回買ったのは、シャツとズボン、そして靴下。
一気に所帯じみたおみやげである。というか、日用品である。

ナイキのポロシャツとか、アディダスとか、立派なメーカーのさらっとした、サッカーのユニフォームのようなシャツが、9万ドン(642円)である。
エイコはほとんどバーゲンの感覚でそれらを買い込んだ。

それらをすべて、700円で買ったノースフェイスのバッグに詰め込み、ホテルへと帰る。
ホテルに戻ったのがちょうどお昼だった。

ちょっと荷造りをして、昼食と午後の予定である「戦争証跡博物館」というところに行くため、ホテルを出た。

暑いのは暑いのだが、曇っている。
そろそろ、あれが来そうな予感がした。

ガイドに載っていた、ブンという麺類を食べさせるレストラン「ブンタ」というところに入って、ビールとブンを注文すると同時に、やはりものすごいスコールがやってきた。

表で客引きをしていた黒づくめのウェイターが、あわてる様子もなくカーテンを引き、オープンテラスに置かれたクロスなどを片づけていく。慣れたものだ。
ガラス張りの天井は、激しい音を立て、その側を水が滝のように流れていく。

ハノイの時も、カンボジアの時も、スコールを間一髪で避けていたが、今回のスコールが一番激しかっただろうか。

注文した「ブン」というのは、フォーに比べて太くて短い感じの麺で、スープはちょっと味付けが濃かった。
野菜のブンというのと、牛肉の辛味ブンというのを食べた。辛いのは、やはり辛い。

ブンを食べ終わっても、スコールが止まないので、デザートも注文した。
(続く)

味の説明がなかったですが、ブンは、かなりおいしかったですね。


posted by molten at 12:24| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Jet-Ragメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。