2006年01月23日

[ボク女]

先週の土日はセンター試験でした。

職業柄、例年あまった問題がもらえるのですが、今回は「国語」の問題はもらえませんでした。
理由は、「著作権の関係」だそうです。

今回は小説の問題として、松村栄子「僕はかぐや姫」が出されました。
たぶん作家側が、「問題を回収してくれ」と言ったのだと思われます。

ちなみに、このページにあらすじが載ってました。
松村栄子「僕はかぐや姫」に関するページ

女子校の文芸部で、自分のことを「僕」と呼ぶ主人公の話でした。
そういうのを「ボク女」っていうそうです。気色悪いです。
著作権法第36条第1項では、試験問題として著作物を複製するのは、その特性上、著作者の許可を取らなくて良いことになっています。

ただし、試験後に著作物(問題)を複製して販売などをする場合には、問題作成側と、著作者の承諾を売る必要があります。

しかし、問題用紙そのものをもらってはいけない、とするのは、どの法に触れるのかわかりませんでした。

今までそんなことはなかったのに、理解に苦しみます。
受験生も回収させられたのでしょうか?気になるところです。

新聞や、予備校のサイトには問題が載っているのに、本物がもらえないというのはどうなんでしょう?

今日はちょっとしたグチでした。


posted by molten at 14:58| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。