2006年01月31日

[16文キック]

今日は、ジャイアント馬場の命日です。

1999年の1月31日、肝不全でなくなっています。
61歳になったばかりでした。

ジャイアント馬場といえば、その足の大きさを表した「16文」が有名ですが、「文」とは、一文銭である「寛永通宝」の直径、0.8寸のことを指す言葉です。

0.8寸は、およそ2.4p(1寸=3pで計算)なので、16文は、38.4pということになります。

確かに、大きいですね。


しかし、この「16文」には、ある誤解が関係しているようです。

ジャイアント馬場は、その足の大きさから、現役プロレスラー当時は、日本製の靴では間に合わなかったらしく、アメリカ製の靴を履いていました。

アメリカの靴のサイズは例えば、26.5pなら「9」、27pなら「9.5」など、号数で書かれており、ジャイアント馬場の靴には「16」と書かれていました。

それをみた日本のマスコミが「16文」だと勘違いし、そのまま報道、定着したものだといわれています。

つまりジャイアント馬場の足のサイズは、「アメリカサイズの16号」=31.5pだったことになります。

しかし、公称では馬場の足のサイズは33.8cm。

とても16号の靴は履けません。

文で換算するなら、「14.08文」です。
アメリカサイズなら、馬場は「22号」あたりを履かないといけなくなります。

「16文」=38.4pだと大きすぎる。
「16号」=31.5pだと小さすぎる。

正確には、「14.08文キック」か、「22号キック」と呼ばなくてはいけません。


posted by molten at 18:55| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。