2006年02月12日

[事故]

昨日、妻の車が他の車にぶつけられました。

僕らが赤信号で停車中に、スーパーの駐車場からバックで路上に出てきたベンツが、僕らの左側へつっこんできました。

ベンツといっても後ろにタイヤをつけている小さな車です。種類はわかりません。

妻の車は助手席前部ドアが大きくへこみ、左ドアミラーもありえない方向へ曲がって、鏡も割れました。
僕らに怪我はありませんでした。

妻の車が事故や過失で壊れたのは、今回で5回目です。



相手の人は100%自分が悪いのがわかっていたので、保険会社と警察にすぐさま連絡し、まもなく警察が来ました。

僕らはスーパーの駐車場に止め、まもなく来たパトカーはスーパーの前に路上駐車していたのですが、道幅が狭かったので、僕らの事情を聴取しているときにパトカーをよけるための軽い渋滞が生まれてしまいました。

そんなとき、タクシーの運転手が通り過ぎざまに、

「おまわりさーん、車、じゃまー」と2回、叫んで去っていきました。
運転手は、おばさんのようでした。

加害者の聴取を終えた、年配の警官がその声に気づき、僕らに「今の、タクシーが言ったの?」と聞いてきたので、そうですねと答えると、その警官は、

なにいってやがんだ、あのバカ

ああいうバカがいるんだよなー

よし、あとでいじめてやる

などと、息巻いていました。
僕と妻は爆笑でした。

ま、間違いなくパトカーの方が悪いんでしょうが、「いじめる」って、いったい何をするんだろう、とちょっと気になります。


posted by molten at 11:16| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。