2006年02月14日

[***]

今日は、いきなりクイズです。

ガン…黄色
乳ガン…ピンク
エイズ…白
貧困…白
難民…水色
煙草…赤
ペット…紫
臓器移植…黄色&緑

これって何のことだかわかりますか?


答えは、「各キャンペーンのリストバンドの色」でした。

ガン…黄色(ガン基金キャンペーン)
乳ガン…ピンク(乳ガンキャンペーン)
エイズ…白(エイズ撲滅キャンペーン)
貧困…白(世界の貧しさほっとけないキャンペーン)
難民…水色(難民基金キャンペーン)
煙草…赤(喫煙と副流煙の危険キャンペーン)
ペット…紫(ペット愛護基金キャンペーン)
臓器移植…黄色&緑(臓器移植を考えようキャンペーン)

他にも、広島県の献血キャンペーンは、月ごとに色が違うリストバンドを配ったりしていたようです。
毎月献血しろって事でしょうか。

特にちょっと前などは、「ほっとけない」の合言葉のもと、有名人が指をはじくCMで「ホワイトバンド」が一時品切れになるほどの人気を博しましたが、日本の過熱ぶりは異常です。

あれは、「NGOの資金集めにしかならず、1円たりとも貧しい人への寄付金にはならない」という主張をしているページさえあります。

「ほっとけない、世界のまずしさ」をほっとけない(サイト)
こういうのを知らなくても、なんとなくあのうさん臭さは伝わるものです。

「ほっとけない」なら、バンドなんか買わないで、寄付をした方がいいに決まってますよ。

バンドをつけて、ちょっといい気になっている人を見ると、むしろ「寄付なんかするか」という気になってしまいます。



posted by molten at 14:35| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。