2006年02月21日

[再発防止]

先月、福岡県警の交通課で、違反者再発防止のビデオ視聴の時に、間違ってアダルトビデオを流してしまったそうです。

アダルトビデオ:免許更新講習で誤放映(毎日インタラクティブ)

県警の運転免許試験課は「信じられない話で恥ずかしい限り。再発防止に努めたい」と話しているそうです。

「再発防止」って。
気をつけてないと、またやっちゃいそうな職場なんでしょうか。



ニュースによれば、違反者講習の啓発ビデオが足りなくなり、職員が持ち合わせていたビデオに重ね録りして対応した時、初めの数秒がうまくいかずに、ちょっとだけアダルトビデオが映ってしまった、ということのようです。

啓発【けいはつ】:知識をひらきおこし理解を深めること。(『広辞苑』第5版)

すごい「啓発」ビデオです。何の知識をひらきおこしたかったのでしょうか。

とりあえず、「再生テープ」と「録画テープ」を逆にしなくてよかったですね。


しかし、職員(警官)は、アダルトビデオを職場に持ち合わせていたことになります。

今後、「再発防止」のために、県警は何をするんでしょうか。

@警官に、変なビデオを持ってこないように通達。

Aダビングする時は、ちゃんと頭から録画できてるかどうか確認。

Bそもそも、重ね録りとかしないように通達。
などでしょうか。

どんな警察だ。「こち亀」か。

これは、忘れてはいけないニュースなので、記録しておきます。


posted by molten at 14:09| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類不能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。