2006年02月22日

[魂の一行詩]

「俳句」のことを、「魂の一行詩」と呼ぼう、という動きがあるようです。

発起人は、元・角川書店で、現角川春樹事務所社長である、角川春樹氏です。

角川氏は、自社の月刊誌「ランティエ」に連載を設け、俳句を若者にアピールする目的で「魂の一行詩」というコーナーを連載しています。

月刊誌「ランティエ」(角川春樹事務所)

そこからどうも角川氏は、ニュアンス的に「俳句」という名前をを全面的に「魂の一行詩」と変更したい、という勢いを伺わせます。

そうなったら、例えば、
「○○さん、ご趣味は…?」

「ええ、お花と『魂の一行詩』を少々…」
とか、

「さて、来週の試験範囲は、夏目漱石の『こころ』と、松尾芭蕉の『魂の一行詩』だぞー」
なんてことに。

角川春樹氏自身も「俳人」という肩書きを持っていますが、今後「魂の一行詩人」に変更しなくてはいけません。

定着しないんじゃないですかね…?



ちなみに「ランティエ」で連載されている「魂の一行詩」が、サイト上で公開されていました。

「ランティエ」魂の一行詩

2006年3月号では、

日本が生きねばならぬ中にゐる
極月(ごくげつ)のどこを押しても開かずの間

など、「魂」を感じさせる作品も見受けられますが、

義士の日の鏡の奥にキティちゃん

回らないおすしを食べにクリスマス

などという、全く魂を感じない作品まで、さまざまです。

それぞれに角川氏が批評を添えており、「キティちゃん」の「詩」には、
『魂の一行詩』は『笑い』を重要視しているので、敢えてこの句を採り上げた。
とし、「クリスマス」には、
正しく現代の「軽み」そのものではないか。私はこの「クリスマス」の句に、すっかり脱帽した。
と絶賛しています。

角川氏、また、やっちゃってるんじゃないんでしょうか。


posted by molten at 13:38| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類不能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。