2006年03月07日

[ぼた餅]

漢字だと「牡丹餅」と書きます。

もち米とうるち米を混ぜて潰し、あんこをまぶした和菓子のことですが、その見た目を「牡丹」の花に見立てたことから、この名前が付いています。

また、牡丹は春の花で、春の彼岸のお供え物として「牡丹餅」と名付けられたという説もあります。

その説でいくと、秋の彼岸にそなえるのは「お萩(萩の餅)」ということになります。

つまり「ぼたもち」と「おはぎ」は、季節で名前が違うだけである、ということです。

ちなみに冬だと「北窓」、夏だと「夜舟」という呼びかたもあります。
これは、ぼたもちが普通の餅と比べて、あまり杵で搗かないで出来ることが由来です。
つまり、
「北窓」=「北側だから月が窓に入らない」=「つきがいらず」=「搗き要らず」

「夜舟」=「夜なので、寝ていて船がいつ到着したか分からない」=「着き知らず」=「搗き知らず」
ということです。

もうひとつ、「ぼた餅」と「おはぎ」の違いは、中の米の状態の違いである、とする説もあります。

米を形が無くなるまできちんと搗いたものを「ぼたもち」、すこし米の形が残るぐらいでやめておくのが「おはぎ」、という分類です。

そして、きちんと搗くことを「皆殺し」、少し米の形を残すことを「半殺し」といいます。

落語か何かで、あるお婆さんのうちに泊まった旅人が、夜中に包丁を研ぎながら「さて、半殺しにするか、手打ちにするか」とつぶやいているのを聞いて、あわてて逃げ出す、というような話があったと思います。

「おはぎを作ってあげようか、それとも手打ちのうどんを食べさせようか」という話だった、というオチです。

僕が高校の時、「おまえら、半殺し」と言うのが口癖の先生がいましたが、あれも「おはぎ」という意味だった…とは考えられませんね。



posted by molten at 09:59| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。