2006年03月24日

[魔女の宅急便]

宮崎アニメの代表作のひとつである、「魔女の宅急便」。

じつは、「宅急便」というのはヤマト運輸の登録商標であったため、ネーミングの変更が検討されましたが、どうしても「宅急便」を使おうと、ヤマト運輸をスポンサーにつけて、さらに登場キャラクターに黒猫を入れるという措置で、タイトルが維持されたのだそうです。

ジジですね。

今更ですが面白い話だったので記録です。

「宅急便」の普通呼称は「宅配便」ですから、一歩間違えば、黒猫の出ない「魔女の宅配便」というアニメになっていたかも知れません。

世界のミヤザキも、スポンサーには勝てないということです。
ビバ資本主義です。


また、「魔法使いサリー」ももとは「魔法使いサニー」だったという話もあります。

これは、「ソニー」が、類似品防止のために「サニー」という名前も商標登録していたため、使用できなかったというのが原因です。

「課長 島耕作」シリーズでは「ソラー電機」というのが出てますけどね。

類似品防止という意味では、カシオが「Gショック」の類似品防止のために「Aショック」〜「Zショック」まですべてのアルファベットを商標登録しているというのは、トリビアでもやってました。

ネームバリューというのは、後からついてくるものですが、ちゃんと防波堤をつくっておくのは大事なんですね。



posted by molten at 12:02| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうていとセックスがしたい女性が増えてるのってご存知でしたか?
お金を払ってでも、どうていをものにしたい女性が増えているこのご時世。
貴方がどうていであるのなら当社は全力でサポートいたします!!
http://doum.s1.freexy.net/
Posted by どうていマーケット at 2006年03月24日 12:41
そうなんですか…知りませんでした。

でも、僕も妻がおりまして、残念ながらどうていではありません。

ほかを当たって下さい。

しかし「どうていマーケット」って、すごい単語ですね。
Posted by molten at 2006年03月25日 08:30
初めまして。
魔女の宅急便大好きですがそんな裏話があったんですね。
びっくりです。
宮崎駿監督でもスポンサーには頭が上がらないんですね。きっと。
スポンサーあっての仕事なんですね
Posted by mi at 2006年09月29日 14:34
初めまして。管理人です。
コメントありがとうございます。

フジテレビだから「8マン」とか、そういうのは商業エンターテイメントの宿命なんですよね。

でも、それを面白くできるのは製作者の才能です。

ブログ休眠中ですが、これからもこのサイトをよろしく見守ってください。

ありがとうございました。
Posted by molten at 2006年10月03日 10:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『魔女の宅急便』☆ツタヤ映画DVD日記
Excerpt: 『魔女の宅急便』 MIがテストのため しばらく新しい映画(ビデオ・DVD)が見れません怜 裂そのため今まで見て良かったものの紹介をします YU『..
Weblog: 子供のツタヤ映画DVD鑑賞
Tracked: 2006-09-29 14:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。