2006年03月28日

[スネレン指標]

「1.5」とか「2.0」等と表現される「視力」は、「ランドルト環」と呼ばれる記号を用いて計測します。

視力検査で用いられる「」の記号がランドルト環ですが、これはその大きさによって、切れ目の幅が異なります。

そして、幅1.5oの切れ目を、5m先から判別できる能力を視力「1.0」とし、そこから、半分の幅(もしくは2倍の距離)でも判別できれば「2.0」、逆に倍の幅(もしくは半分の距離)でやっと判別できたなら「0.5」となるわけです。

要するにランドルト環は、「C」の大きさはあまり関係なくて、空いている部分の幅が大事だったというわけです。


ちなみにアメリカでは「C」ではなくて「」の記号が用いられています。
これは「スネレン指標」といい、視力は、
その人の計測距離(20フィートと決められている)/標準視力を持つ人の認識距離
で表します。

例えば、その人が20フィートで認識できた指標は、通常の視力の持ち主なら40フィート先でも認識できたものだとします。

その場合、視力は「20/40」と表現するのです。
分数になるだけで、数字は日本と同じ値ですね。

つまり、日本の「1.0」は、アメリカでは「20/20」、「2.0」の人は「20/10」となるわけです。

そして、「僕は視力が2.0なんだ」を、英語では、

I have 20/10(twenty-ten) vision.


というそうです。

使える英会話でした。


posted by molten at 16:57| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。