2005年01月16日

[ゴストップ]

花札は、平安時代の「貝合わせ」という遊びを起源にもち、江戸時代以降にカードの形を取って普及した日本独自の遊具ですが、現在花札遊びが最も普及しているのは、韓国です。

とくに「ゴストップ」とよばれる、札の種類で点数を決めて勝敗を競う、日本の「こいこい」のような遊びは、韓国全土で普及し、「3人集まれば花札が始まる」といわれるほどの人気なのだそうです。

反日感情の強い韓国では、「花札は韓国併合時の悪しき風習」だと批判するものもいれば、「韓国を博打で堕落させるための日本の作戦」だとか、花札容認派でも「もともと花札は韓国のものだ」といっている人もいるそうです。

去年の「韓流ブーム」は、日本のおばちゃんを堕落させるための韓国の逆襲だったのかも知れません。


posted by molten at 13:57| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。