2006年04月27日

[スジャータ]

ポーションタイプのコーヒーフレッシュとして有名な「スジャータ」。
キャッチコピーは「褐色の恋人」です。

現在、
スジャータP
スジャータG
スジャータ3
スジャータイタリアン
の、4つのラインナップがあります。


「スジャータ」という名前は、インドで悟りを開くブッダを助けた女性の名前が由来だそうです。


スジャータイタリアン」って…。
インドの方に失礼ですね。

インドには、以下の話が伝わっています。

断食による悟りの道を目指していたブッダは、なかなか悟りの境地に至れない事に苦しみますが、そんなブッダを見たスジャータは、牛乳がゆを振る舞います。

ブッダはその施しを受け断食を断念しますが、瞑想による悟りを開くことに成功する、というものです。

牛乳がゆ、というのが、コーヒーフレッシュに繋がったんでしょうね。

悟りを開いた場所は現在ブッダガヤという地名で、その中にスジャータ村という場所もあります。
ブッダが悟りを開いた場所とされる菩提樹もそこにあるそうで、観光地としても有名です。

そして、そこを訪れた有名な日本人は、麻原彰晃と猿岩石

インドの方、重ねがさねすいません。


posted by molten at 16:46| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。