2006年05月16日

[ピック病]

人の悪口を言うようになる病気があるそうです。

ピック病」と呼ばれる、認知症の一種で、アルツハイマーと同じく脳が萎縮する病気です。

ピック病がアルツハイマーと違うのは、脳の萎縮する部分が側頭葉や頭頂葉ではなく、前頭葉にある点です。

これにより、症状はアルツハイマーのような物忘れではなく、「反社会的行動」となって表れるのだとか。

人の悪口や、その場にそぐわない言動を繰り返すのはその初期症状で、ひどくなると万引きをしたり、逆に無気力になったりして、最終的にはハサミやメガネなどの道具さえ使えなくなるというものです。

30代をはじめとして、40〜50代に多く発症し、真面目なサラリーマンが急に万引きをして、調べてみたら「ピック病」だった、というケースもあるそうです。

男性、女性にかかわらず発症、多くは2年から8年で衰弱死してしまうという、ちょっと恐い病気です。


僕は夕方のニュースとかでよくやる「万引きGメン」の特集が大好きで、万引きした人間が逆ギレしたり、しょんぼりしたりするのをみるのが楽しみなんですが、これからはちょっと見方が変わってしまうかも知れません。

これからは万引で捕まったら即MRI検査、なんて事になるかも知れませんね。




posted by molten at 13:55| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ、俺一昨年くらいからものすごい悪口増えたよ。上司とか。
自分ではそれまで「人の悪口を言わない人」のつもりだったから、
なぜだろうと不思議だった。

そうか。余命数年か。
Posted by とく at 2006年05月17日 11:23
本人に罪悪感がないのが特徴だそうです。
Posted by molten at 2006年05月17日 19:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。