2006年05月22日

[チンパンジー]

人間とチンパンジーは、その昔、交配していたようです

今月中旬にハーバード大の研究チームが発表したもので、人間の祖先は650〜740万年前ごろにチンパンジーの祖先と別れたあと、長年にわたって交配を繰り返し、最終的に540万年前に完全に分岐したと考えるべき、という内容です。

今から600万年ぐらい前には、人間とチンパンジーのカップルがいたということです。

そのうち「志村動物園」のパン君も、人間の彼女をつくっちゃうかも知れません。

その子供が「はじめてのおつかい」とかに出たら、これは子供番組でしょうか、動物番組でしょうか?

ジェームズ君もびっくりです。

以上の研究は、人間とチンパンジーのゲノム研究によって明らかになったそうですが、一説によれば人間とチンパンジーは98%の割合で遺伝子が共通するといいますから、うなずける話ではあります。

ちなみに、今日は「国際生物多様性の日」という記念日でもあります。

つまり、チンパンジーと人間のハーフがいてもいいじゃん、という日ですね。
両親はちょっと複雑ですが。


posted by molten at 22:06| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。