2006年05月26日

[三菱]

「uni」で有名な文房具会社「三菱鉛筆」と、「三菱重工」は、たまたまマークが同じなだけで、全く関係ないんだそうです。

「三菱重工」はいわゆる旧財閥系ですが、三菱鉛筆は努力の末に日本に鉛筆技術をもたらした苦労人が創業した、いち企業です。

しかも、「三菱」のマークを先に考案したのは、「鉛筆」の方で、「重工」のほうが後に使用許可を求めて認められたのだとか。

「三菱鉛筆」の創業者は眞崎仁六という人で、1878年にパリの万博で見た「鉛筆」というものに強く惹かれ、研究に研究を重ねて日本初の鉛筆生産に成功した人物です。

「三菱」のマークは眞崎家の家紋「三鱗(みつうろこ)」と、逓信省(現在の郵政省)に「局用鉛筆」として用いられた3種類の鉛筆(芯の濃さによって「一号」「二号」「三号」という)がモチーフになっているそうです。

一方、「三菱重工」は1870年創業の「九十九商会」を母体とし、その後様々な合併、統合を繰り返して1964年に「三菱重工」として成立します。

こちらの「三菱」マークは、創業者の岩崎弥太郎の家紋「三階菱(さんかいびし)」に、土佐山内家の家紋「三柏(みつがしわ)」を組み合わせたもので、現在の形になったのは1910年の事だそうです。

「鉛筆」の方の三菱マークは、局用鉛筆が生まれた1901年頃に考案されていますので、やはりこちらの方が早いますね。


ちなみに、1960年代の安保闘争時に、軍需企業の代名詞たる三菱に反抗すべく、とりあえず「三菱鉛筆の不買運動」というのが起こったそうです。

鉛筆側はいい迷惑です。しかも手近なところで済ませようとしてます。

いまなら、「浦和レッズの不振で、三菱鉛筆にクレーム」みたいな感じでしょうか。

もちろん、三菱鉛筆は、レッズをサポートしてません。


posted by molten at 18:42| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうなんですよね。三菱財閥と三菱鉛筆は関係ないんですよね。就職活動で、三菱○ーヨンを回ったとき、担当の方が、強調して言っていました。三菱グループと三菱は関係ないんです!みたいな。。。でも私は、三菱系の企業と関係が大変深く、メインバンクは三菱系ですし、保有株も三菱系が多いです。でも、株に関しては、三菱鉛筆も保有しています。
Posted by みっきぃ〜 at 2006年05月28日 14:05
みっきぃ〜さん、書き込みありがとうございます。

しかし、マークが同じすぎですよね。

Posted by molten at 2006年05月29日 12:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。