2006年06月12日

[悪魔の証明]

あなたは、「悪魔が存在しない」と証明できますか?

これを証明するには、すべての人間が悪魔ではないことを証明しなくてはなりません。

また、悪魔が人間でないものになっている可能性もあるので、すべての動植物が悪魔ではないことを証明しなくてはなりません。

また、現在はたまたま悪魔がいないだけで、過去にはいたかも知れないので、過去の文献等で悪魔がいなかったことも、また証明しなくてはなりません。

いやいや、悪魔が地球にいないだけかも知れないから、宇宙にも悪魔がいないことを…

つまり、「悪魔は存在しない」ということは、証明できないのです。

だから、悪魔はいることになります

……。


と、これで「なるほど、悪魔はいるんだ!」と思ってしまった人は、ちょっと疲れていますね

そもそも「○○は存在しない」ということを証明するのは、ほとんど不可能に近いのです。
これは上でも書いたとおり、「ない」ということをすべての場合で検証しなくてはならなくなるためです。

このことを「悪魔の証明」というそうです。
単に「不可能な証明」を指して使う場合もありますし、「論の展開が間違っていること(○○は存在しないとは言い切れないから、○○は存在するという展開)」をたとえていう場合もあります。

逆に「○○は存在する」という証明は、その「○○」を見せてくれれば良いわけですから、簡単な場合が多くなります。

そのため、司法の場などではほとんどの場合「立証責任(罪を犯していることを証明する責任)」を重要視する傾向にあります。


「悪魔の証明」という言葉は、もともと悪法であった古代ローマ法の説明に使われたものです。
ローマ法では「土地の所有権は、その土地を不法に取得したのではないという証明が必要だ」という決まりがあったらしく、その土地を何代も何代もさかのぼって所有権を調査しなければならず、実質証明不可能だった、ということを「悪魔の証明」とよんだことに起因しています。

いまなら、痴漢えん罪の立証(さわってないということを証明する)なんかが「悪魔の証明」だといえるでしょう。
まあ、でも「さわった」ということを客観的に証明するのも難しいですが。

なんだかつまらない結論になってしまいましたが、このへんで。


posted by molten at 21:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。