2005年02月15日

[再帰反射]

工事現場や子供の靴などに使われる塗料には、夜間、異常に光を反射する素材が使われています。

あれを「再帰反射インキ」というそうです。

「再帰反射」とは、光源からの光を、そのまま光源の方向に反射させる性質のことで、光がもとのところへ再び帰っていく、ということでこの名前が付いているようです。

「再帰反射」がなぜ起こるか、というと、通常、鏡などの平らな反射面では、入射角と反射角が等しい、という法則で、光源へは帰っていきません。

しかし、ガラスのビーズなど、球体の物質は光が局面で屈折・反射し、光源へと帰っていきます。
この性質を利用し、塗料の中に微少なガラスビーズを多量に含ませることで、「再帰反射」をおこし、夜間での視認性を高めているのです。

写真を撮ると起こる「赤目」現象や、夜、ネコの目が光って見えるのも、眼球による「再帰反射」が原因です。

この間、帽子、ランドセル、腕章、手袋、そして靴にすべて「再帰反射素材」を用いた「再帰反射小学生」を見かけました。

「モーションキャプチャー」でパソコンに取り込まれた人みたいでした。



posted by molten at 15:05| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。