2006年06月30日

[カナリア]

「カナリア」の語源は、スペイン語の「」です。

カナリアという名前は、もともとアフリカ北西、大西洋上にあるスペイン領、カナリア諸島から連れてこられた鳥に付いた名前です。

の名前ではなくて、の名前なのです。

ややこしいですか?


ではなぜ諸島に「カナリア」という名前が付いたのかというと、ヨーロッパではもともとこの諸島に「犬の頭を持つ人」がいるという伝説があり、15世紀にスペイン人が実際に上陸してみると、島から犬の鳴き声がするので、本当に「犬頭人の島」だ、として、スペイン語で「犬」の意味を持つ「カナリア諸島」という名前を付けたのだとか。

実際には、単に島にたくさん犬がいた、ということのようです。

野球などのアナウンスをする女性を「ウグイス嬢」とか「カナリア嬢」ともいいますが、語源的にはかなり変なお嬢さんになってしまいますね。

ちなみにカナリア嬢の男性版は「カラス」というのだそうです。
もっとかわいそうです。



posted by molten at 17:39| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。