2005年02月19日

[プラストミック]

今日、東京フォーラムでやっている「人体の不思議展」に行ってきました。

サイトはこちら。
http://www.jintai.co.jp/main.html

特殊な方法で保存された本物の人体が、色々な形で展示してありました。
ちなみにこんなのが展示してあります。
骨の人 肉の人
上の写真は買ってきたポストカードを接写したものですが、会場内ではカメラ・ムービーでの撮影はもちろん、「模写」までもすべて禁止でした。

「プラストミック法」という特殊な保存法で、体内の水分と脂肪分を除去し、水分の代わりに樹脂(シリコンゴム)を入れて固めるというものです。
一度固めてしまえば、常温で保存でき、手で触れてもOKのため、触ってもよい標本や、脳の標本を手で持ってみよう、というコーナーもありました。

標本は、当たり前ですがとてもリアルで、生前の知り合いは分かるんじゃないか、というレベルです。
また、上の写真のように、なぜかユーモラスなポージングをさせられています。

「弓を引いている」という全身の筋肉標本がありましたが、アーチェリー経験者から見ると全く射型がなっていなくて、山本先生も激怒という感じで面白かったです。


posted by molten at 22:35| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。