2005年02月20日

[ゲルマニウム]

韓流ブームに完全に飲み込まれた僕の母親が、今度は17万円のゲルマニウム・ブレスレットを購入していました。

去年末の「細木数子スペシャル」で、渡哲也がその効能を声高にアピールしたらしく、ゲルマニウムの人気が今、急上昇なのだとか。

ゲルマニウムとは、1885年にドイツの化学者、クレメンス・ウィンクラーが発見した元素番号32番の化学物質(Ge)です。

ウィンクラー博士の出身国ドイツにちなんで「ゲルマニウム」と名付けられました。
ドイツ語では「自由」という意味があります。

有機ゲルマニウム・無機ゲルマニウムという二つの状態で存在し、鉱石だけでなく食物にも含まれるため「半金属」と呼ばれる物質です。
そこから発生するマイナスイオンが、体内の微弱電流を調整し、肩こりや冷え性に効果があるといわれています。

ゲルマニウム温泉というのが以前ありましたが、あれを金属として結集させたようなものでしょうか。

「お金さえあれば、韓国に行きたい」といっていた母親が、「叶わぬ恋」よりも「明日の健康」に重きをおいた、ということについては、ほほえましさを感じます。



posted by molten at 23:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類不能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。