2006年07月21日

[ガツ]

焼き肉屋で「豚の胃」のことを「ガツ」といいますが、これは英語で「腸・内臓」を意味する「ガット(gut)」から来ています。

英語由来といえば、ほかにも「ハツ(心臓)=hearts」や「タン(舌)=tongue」などがあげられます。

ガット」といえば、ラケットの網を構成する糸の事を指しますが、あれはもともと羊の腸を寄り合わせて作っていたことから名付けられています。

「ガツ」と「ガット」は同語源というわけです。



また、「ガット(gut)」の複数形「ガッツ(guts)」は、いまではもちろん「根性」という意味になっていますが、これも元は「内臓」です。

英語でも「肝が据わっている」という意味で「He has a lot of guts.」と言うそうで、そこから単独で「根性」という意味に変わっていったのだと考えられます。

つまり、

「ガッツ石松」は、「内臓石松」。

「ガッツポーズ」は「内臓ポーズ」。

「ガッツだぜ!!」は「内臓だぜ!!

直訳するとわけが分からなくなりますね。


posted by molten at 11:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。