2006年07月28日

[モック]

電気店などにある携帯電話の実物大模型を「モック」といいますが、これは英語の「mock」です。

「模造品」という意味がありますが、基本的には「人のことをまねしてからかう」「人をバカにする」「努力を無視する」といったネガティブな単語のようです。

英語圏でも「mock telephone」という言葉を使うようですが、これってどうなんでしょうか。

日本語なら「ガセ」とか「パチモン」とか、そういう単語だと思います。
(「パチ」とは関西弁の「パチる(盗む)」からきているそうです)

ちなみに「モッキンバード(mocking bird)」という鳥がいます。
メキシコ原産で和名は「マネシツグミ」。
他の鳥の鳴き声をまねることからきているのだとか。

マネシツグミの紹介(サイト)

なんの目的でまねをするのか分かりませんが、バカにする目的ではないでしょうね。悲惨なネーミングです。

せめて「フィーチャリングバード」とか「オマージュバード」とかなら格好良かったのに。

そして、「モッキンバード」というお酒もあります。

モッキンバードカクテル(サイト)

これはテキーラベースのカクテルで、鳥のモッキンバードがメキシコ原産であることから、「メキシコ=テキーラ」で名付けられたそうです。

まねをする鳥の名前をまねしたお酒ですね。


posted by molten at 13:27| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。