2006年07月31日

[ティーザー効果]

意図的に情報を少なくすることによって、相手に「どういう事だろう」と興味を持たせるのを、「ティーザー効果」というそうです。

英語の「teaser」は「じらす」という意味があります。

CMや映画の予告などで、いっさい商品や内容を明らかにしないものがありますが、ああいうのを「ティーザー広告」といいます。

僕が思いつくのは、子供の頃やっていた「イチヂク浣腸」のCM。

おばちゃんだか、おばあちゃんだかが縁側に座っていて、何も喋らずただニコニコしていて、最後に「えがお イチジク浣腸」というテロップが出るだけ。

関東ローカルだったかも知れません。

イチヂクかんちょうってなに?と周りの大人に聞きまくった覚えがあります。

きっとこれが「ティーザー効果」ですね。
ちがうか。


関係ないですが、「イチジク浣腸マスコットキャラクター」の名前募集は今日が〆切です。
まだ応募していないかたは、ぜひどうぞ。
(詳しくは[イチジク]参照。)


posted by molten at 14:35| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの「トランスフォーマー」がハリウッド映画になるそうです。
予告動画を見たのですが、ロボットらしき影が見えるだけ。
で、まんまと見たくなってます。
Posted by とく at 2006年07月31日 19:26
まさに「ティーザー効果」ですね。
Posted by molten at 2006年08月01日 14:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。