2006年08月02日

[オーバードーズ]

「over dose」と書き、「薬物過剰摂取」を意味します。

これは、文字通り薬物を許容量を超えて摂取して、体内に異常を来すことで、睡眠薬を多量に飲んで死亡に至るとか、インシュリンを過剰に摂取して低血糖症になるなどの状態を指します。
この場合の薬物とは、適正に摂取すれば「薬」として作用するものをいいます。

しかし、まれにヘロインとコカインを同時に摂取するなどの「麻薬の混合摂取」を指すこともあります。


ということで、「コバトンの声」を担当するMCアイコさんのネットラジオ、「DJアイコのオーバードーズ」の記念すべき第1回、はじめからすべて聴きました。
(MCアイコさんについては「コバトンの声」参照)

聴いてみた感想としては、アイコさんは全く薬物を感じさせない、いたって普通の人間だなぁ、というものでした。

地方のインターネットラジオということで、すべて一人でやっているらしく、CDをかける時に無音状態が続いたり、音楽が異常に小さくて、まるで盗聴をしているかのような錯覚に陥ったり、いろいろと初めての体験をさせてもらいました。

ラジオらしく「花火」についての体験談をFAXで募集したところ、来たのは1通
しかも、それは前の番組のパーソナリティからでした。

どうしようかと思って聴いていると、始まって20分ぐらいで「コバトン」の話題に。

コバトンはこの「鴻巣フラワーラジオ」で流れる交通安全のCMに出演するということで声が必要となり、アイコさんにその役目が回ってきたのだそうです。

「コバトン」は明るく活発的なキャラクターで、
「みみずくみみちゃん(戸田市立図書館のキャラクター)」はおしとやかで可愛いイメージでやっているそうです。

今後、なんと「コバトン」を登場させるコーナーも作ると言ってました。
これは、毎週聴き続けるしかないですね。

後半1/3は、次の番組のパーソナリティ(何度言っても名前が聞き取れませんでしたが)が乱入したり、番組が終わってもアイコさんがスタジオから出られず、まだ喋っていたりとあらゆる意味で自由なラジオでした。

来週は「USJ」についてのFAXを募集しています。
僕は行ったことがないですが、できればFAX送ってみたいと思います。


まだ、アイコさん喋ってます。
しかも、メインパーソナリティより声が大きいです。


posted by molten at 16:24| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 分類不能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

オーバードーズ
Excerpt: オーバードーズオーバードーズ (over dose) とは化学物質(多くの場合、薬品やいわゆる麻薬|ドラッグ)を、生物|生体の恒常性|ホメオスタシスがそこなわれるほ..
Weblog: ちはるの日記
Tracked: 2007-08-08 06:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。