2006年08月21日

[geek]

アメリカではおたくを「ギーク(geek)」というそうです。

元々は「変人」や「流行遅れの服装をしている人」という意味だった言葉でしたが、現在では日本のいわゆる「パソコンおたく」をさす言葉になったようです。

ニートでギーク、なんていうとちょっとカッコイイです。
変形合体とかしそうです。


ちなみに、アメリカではおたくのジャンルによって呼び名が異なるそうで、

運動おたくは「ジョック(jock)」

勉強おたくは「ブレイン(brain)」

演劇おたくは「ドラマ(drama)」

麻薬おたくは「ストーナー(stoner)」

何もしないのは「ローナー(loner)」

というそうです。

麻薬おたくって、まあ要するに麻薬中毒者ですね。
アメリカではこの辺は「趣味のひとつ」にカウントされているんでしょう。

そして「パソコンおたく」の「ギーク」は、これらの中でもかなり地位の低いところにあるんだそうです。

さらに「ギーク」の別称として「ナード(nerd)」というのもありますが、調べるとちょっと面白いです。

「ギーク」とは(はてなダイアリー)
…最近は褒め言葉として使うこともある。ネガティブなコンピュータオタクを指す語は現在ではnerd。


「ナード」とは(IT用語辞典 e-Words)
…ナードからさらに度が進み、社会への適応性を失った人のことを「ギーク」(geek)というが…


ギークvsナード」。
水面下での熾烈な戦いが現在も繰り広げられていますね。


posted by molten at 15:36| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。