2005年03月10日

[たべあわせ]

一緒に食べるとおなかを壊すという代表的な例として、「ウナギと梅干し」「スイカと天ぷら」などが有名な「たべあわせ」ですが、日本にこの概念を広めたのは江戸時代の学者、貝原益軒だと言われています。

貝原益軒の著作「養生訓」のなかに「同食の禁」という章があり、そこに一緒に食べると悪い食材が挙げられています。

養生訓の中には上の例の他に、「鶏肉とすもも」「野鴨にくるみ」というものや、「キジと鮒」「ウサギとかわうそ」など、現在では食べたくても食べられないような食材もあります。

現代的な食材でも、「豚肉とショウガ」とか「牛肉とニラ」など、明らかに普通に食べている食材が「食べ合わせ」だったりします。

これは、保存状態の悪かった江戸時代の生活の知恵だと思われますが、科学的な根拠はなく、迷信の類に過ぎないようです。

「食べ合わせ」のルーツは、中国の「食経」という、陰陽五行説に基づく「食禁」を記した書物にあると言います。

そこには、朝廷の食事係が帝に出す食材で、出してはいけない組み合わせを記しており、「キビと干し肉」「ヒユ(ヒユ科の一年草)とスッポン」などが代表的な例として書かれています。
特に「ヒユとスッポン」は、同時に食べるとスッポンが体内で蘇生し、腹を食い破って出てくるのでダメ、というスプラッターなタブーでした。

僕は先日、「コーヒーと柴漬け」という組み合わせで壊滅的なダメージを受けました。
平成の「食べ合わせ」として是非カウントしていただきたいと思います。


posted by molten at 08:54| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。