2005年03月11日

[海千山千]

世の中の裏表を知る老獪(ろうかい)な人物という意味で「海千山千の人物」等といいますが、この「海千山千」とは「海に千年住み、山に千年住む」という意味です。

俗に「ヘビが山で千年、海で千年生きると、竜になって天に昇る」という言い伝えがもとになっています。

この言い伝えには地方によって補足があり、ほとんどの地方では「山で千年住んだヘビは海に入るとタコに変身し、そのまま先年生きれば竜になる」という話になっているのだとか。

「ヘビ(1000年)→タコ(1000年)→竜」という人生(?)。なぜ「タコ」なのかわかりません。

そうすると、「今僕らがタコだと思って食べているのは『1260才のヘビ』だったりするのではないか?」という疑問が浮かんできますが、ご心配なく。

もとヘビだったタコは、7本しか脚がないのです。そういう言い伝えなのです。
多くの漁村で伝えられている「海で7本脚のタコを捕まえたら海に帰す」という習わしは、ここから来ているのだそうです。

まあでも、わりと知らずに食べちゃっている気がしますね。漁業も進歩してますし。

ちなみに、「海千山千」は「海千河千」とか「山千河千」などという同義語もあります。
こうなると、そもそも山に住んでなかったり、海に行けなかったりするヘビが出てきてしまいます。

いずれにしろ2000年は頑張らなくちゃいけないようです。


posted by molten at 14:47| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。