2005年03月16日

[動物園受験]

台東区にある東京芸術大が、きのう、入学試験をおとなりの上野動物園で行ったそうです。

受験生はゼッケンを付けて動物園に入り、観客や試験官達が見守る中、写生するという実技試験です。

今年が初めての試みとのこと。

受験生はおよそ500人、そのうち合格者は55人で、倍率は9倍あまり。
試験官は130人体制で、ゼッケンを取り替えて「替え玉受験」をしていないか、携帯を用いて外部とコンタクトを取っていないか、などを厳しくチェックします。

また、受験生に話しかけたり、写真を撮ろうとする客にも注意をするなどの厳戒態勢の中、受験生は動き回るペンギンや象、サルの前に座り込んで筆を走らせたそうです。

これって、「写生をしている受験生」を写生したらダメなんですかね?
動いてなくて書きやすいと思うんですが。

上野動物園の園長、小宮輝之氏は、「画家になる人たちに動物のすばらしさを知ってもらい、将来、動物園の魅力を伝えてもらえれば」と話しているそうですが、どうでしょうか。

受験生は「動物園のすばらしさ」どころじゃなかったと思うし、落ちた学生は、動物園にトラウマを感じてしまうような気がします。

ちなみに結果は3月23日だそうです。

この際、合格発表は上野の東京都美術館でやったらどうでしょう?
絵画や彫刻の中に、たくみに受験番号が隠れていて、時間内に見つけないと不合格。
見つけても、「ヤッター!」等と騒いでしまったら、やはり芸術の場にふさわしくないのでダメ、とか。

…受験生の皆さん、すみません。





posted by molten at 17:27| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類不能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。