2005年04月23日

[ドン・キホーテ]

今日、ドン・キホーテ浦和花月店の放火犯に逮捕状がでたようです。

YOMIURI ON-LINEの記事
アサヒコムの記事


2紙のニュースを統合すると、渡辺ノリ子容疑者は、こんな行動をしていたことになります。
12月13日
放火の1時間前、ティッシュに灯油を染みこませている様子を同居人に見られて「知り合いの家に火を付けに行ってくる」と言う。
「龍」の刺繍の入った帽子を被り、ドンキ花月店の布団に灯油ティッシュで放火、どさくさ紛れにラジカセを持って逃走。
その足でドンキ大和田店へ行き、衣類に放火、ラジカセを自宅に持ち帰る。

12月16日
再び同じ帽子を被ってドンキ大和田店へ行き、買い物かごを盗んで逮捕される。

放火がしたいのか、窃盗がしたいのか、よく分からない行動です。
警察は本人が自白したと発表していますが、弁護士側は認めていません。
3人もの被害者がでていますから、警察も必死なのでしょう。


奇しくも今日は、「ドン・キホーテ」の作者、ミゲル=デ―サーアベドラ・セルバンテスの命日で、スペインではこれにちなんで「本の日」という記念日になっています。

また、セルバンテスは「ドン・キホーテ」の中で、こんな言葉を遺しています。
自分のポケットの中の小銭は、他人のポケットの中の大金にまさる。
つまり、そういうことです。


posted by molten at 17:06| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類不能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。