2005年05月18日

[18リットル]

今日は、「18リットル缶の日」だそうです。

「全国18リットル缶工業組合連合会」という団体が制定しました。18リットル缶(いわゆる「一斗缶」)は以前「5ガロン缶」と呼ばれていたのですが、それを国際規格である「リットル」に直し、「18リットル缶」と変更しました。

「5ガロン」・「18リットル」ということで、5月18日が「18リットル缶の日」です。

「全国18リットル缶工業組合連合会」のサイトがあります。

全国18リットル缶工業組合連合会

意外にもフラッシュを多用した、スタイリッシュなサイトです。
そしてキャッチコピーは「時代が求める理想の容器」。大きくでています。

ここでは、18リットル缶が「石油缶」→「一斗缶」→「5ガロン缶」→「18リットル缶」と名称変更した歴史や、製缶方法によって「溶接缶」、「接着缶」、「ラミネート缶」、「アトロン缶」、「はんだ缶」に分類できることなどが書かれています。

また、「18リットル缶についての『5つのなぜ?』」というのが面白いです。

それぞれ、こんな質疑応答です。
Q1.なぜ18リットル缶なのか?
→A1.人が運べる最大容量だから。

Q2.なぜ安価なのか?
→A2.大量生産・技術革新の結果。

Q3.なぜ丈夫なのか?
→A3.材質がスチールのため。

Q4.なぜ何でも入れられるのか?
→A4.スチール+内面コーティングだから。

Q5.なぜ四角いのか?
→A5.隙間なく積み上げ可能だから。

何ともシンプルで、素っ気ない解答です。
質問も無理矢理5つひねり出した感じです。

でも、フラッシュでかっこよく見せています。
デザインの勝利を感じます。
ぜひ見てみてください。


posted by molten at 20:07| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。