2005年05月24日

[杉田玄白]

江戸の医師で、前野良沢と共に「解体新書」を著した人物として有名な、杉田玄白。
この名前は通り名で、本名は「杉田翼」といいます。

えらく現代的な本名ですが、実は、通り名の「玄白」とは「ニセ(モグリ)の医者」という意味なのだそうです。

「玄」とは「黒」という意味ですが、当時の医師が着ていた服の色が黒かったため、「医者」も意味する言葉となっていました。
そして「白」は「しろうと(未経験者)」で、「玄白」とは「経験のない医者=ニセモノの医者」ということのようです。

今なら「白」の方が医師のイメージ(白衣)がありますから、「杉田白白」になっちゃいますね。

しかしこれって「ブラックジャック」と近いものを感じます。

モグリの医者といえばブラックジャックですが、彼の本名は「間 黒男(はざま くろお)」。
医師のイメージ「白」に対抗する形で「黒」を打ち出したのでしょう。

手塚治虫も、「玄白」の由来を知っていて、このキャラクターを生み出したのかもしれません。
とすると、ブラックジャックのモデルは「杉田玄白」ということになります。

ピノコのモデルは前野良沢でしょうか?


posted by molten at 13:49| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。