2005年05月30日

[きのうの夢 3]

昨日、こんな夢を見ました。

僕が何かの乗り物に乗っていて、パソコンのキーボードのようなものを叩いてそれを操縦していました。

なんだか分かりませんが、思いのままに動くその乗り物。UFOみたいな飛行物体でした。

しかし急に、「プゥワ〜ン、プゥワ〜ン」という音が響き、操縦がままならなくなります。
「プゥワ〜ン」というのは、ちょうど耳元で蚊が飛ぶときの音です。

僕は原因も分からすキーボードを叩き操縦を復活させようとしますが、音は消えず、乗り物は墜落しそうになります。

「うわーっ」と思い、僕はなぜか自分のほほを叩きます。

…すると目が覚めて、自分の手にはつぶれた蚊が。
現実に蚊が飛んでいて、無意識に叩きつぶしたのでした。

ここまでは「電話かと思ったら夢で、現実には目覚ましのベルだった」というのと同じ現象ですが、この後僕は、まだ夜中だったのでもう一度寝ました。

すると、さっきの続きで、「プゥワ〜ン」の音を消すCDロムをパソコンに入れて、音を消し、乗り物の不具合を直して快適に操縦を続ける、という夢をみたのです。

しかもさっきの夢では全くいなかった、汚れた野良ネコがまわりにたくさんいました。

「蚊だと思っていたのが夢だったのか、それにしてもネコがうっとおしい」と思い、布団を蹴り上げて目が覚めました。

蚊は実際にいたようです。よくわからない内容なのに「前編・後編」の二部構成だったので、記録しておきます。


posted by molten at 19:38| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。