2005年06月19日

[テンプメール 18]

やって参りました、テンプメールです。

今回も3通ご紹介しましょう。

ひとつめ。
差出人:辻村麗子(ヤフーメール)
タイトル:辻村といいます。
麗子といいます。29歳、未婚、貿易関係の仕事をしています。
男性のかたですよね?
いきなり知らない人からのメールで困惑してると思いますが、
実はお願いがあってメールしました。
私とオトナの遊び友達になってくださいませんか?
仕事ばかりの人生に不毛さを感じてきてしまって。
このまま老いていくのかとふと思って…虚しくなって。
無理でしたら…無視してかまいませんので。
お返事いただけたら、もっと具体的な話を
進めたいです。待ってますね。

王道ですね。
これぞ「テンプメール」です。
業者のニオイも一切しないし、常識人的な礼儀もわきまえています。
「オトナの遊び友達」というのも、あいまいでベストの用語選択。

それだけに…まったく面白くありません。
もっと、アクの強さというか、個性が欲しい。
もう、僕はこの程度では満足できなくなってしまいました。


ふたつめ。
差出人:麻子(ヤフーメール)
タイトル:麻子です。
お久しぶりです
っていえるぐらい間が空いても大丈夫な人探してます。
というのも、一応家庭があるので、ちょくちょくは会えないんだ…
だから、夫の出張中や、飲み会とかある日とか、
お昼のいない間で予定がないときとかに会える人がいいです。
だから猫みたいに気ままに付き合ってくれる人ならメールください。
まずは会ってアドレス交換でも出来たらイイなって思ってます。
27歳で最近楽しい事がないから刺激がほしいみけねこより。
貴方の事も教えてくださいね。まってます。

これは業者アドレス付きでした。
これもありきたりな「お久しぶりです」スタートですが、このメールは「っていえるぐらい間が空いても」と続きます。
希薄な、気ままな関係を求めているという意味のようです。

ともあれ、このメールのパンチラインは「刺激がほしいみけねこより。」これに尽きます。
…知り合いが言ったセリフだとしても殴ってますね。

何で三毛猫なのか。日本らしさを出したつもりでしょうか。いちいち腹が立ちます。


最後は、ちょっと変わったメールを。

差出人:栗木面内(ヤフーメール)
タイトル:【面内君が送る独り言vol.23】

最近ちょっと思うことがある。
異性からの返信が早い、返信が多いから「良いサイト」なのか?
(業者リストのサイトアドレスが書かれていました)
ここ見てもらえばわかると思うけど、女性からバシバシメール来るのに「会えない」っていうのは普通に考えて「おかしい」よね?
「面白おかしく異性とメールをするだけ」という趣旨ならともかく、男性であれば
よさげな子がいれば「会いたい」と思うからこそ出会い系サイトをやっているはずだ(奇麗事抜きで)

会員がすごいいるサイトならメールがバシバシきてもおかしくないが、相手が素人ならそれなりの確率で必ず「会えるはず」だ。

それが一般的なのに、なぜか逢う約束の話になると、必ずと言っていいほど話がそれる。そのクセおしゃべりは大好き。それがサクラでしょ?と思う今日この頃です。ですので僕的には女性からの返事は夜中は当然来なかったり、逢う約束したら平気で断ってその後メールが来なくなったりが【本当の出会い系】だと思う今日この頃です。だって相手は素人女性なんですから。まぁ確かに出会い系だと女性はかなり積極的になったりするんですけど。

でも素人女性としても「ただ男と会いたい」「そういう関係になりたい」という理由だけでは、入会しづらいのが正直なところだと思う。

女性に入会する「理由」を与えてあげて、「あとは気があったらどうぞ」的な運営であれば、女性も気軽に入会できるし、男性としても素人女性とメールをやる、もしくは会う確率は断然に上がると思います。

そこで、「本当の出会いサイト」を目指すこと2年。そういうサイトのみを激選したつもりです。
まぁ現段階で満足している人にとっては無用の長物になってしまいますけど。
女性は入るといいものがもらえます(確認してね)
変な広告や同時登録、後課金、不当請求などはありません!(^^)!

★完全無料
★電話番号認証もなし!
★基本、メアド非公開
★なかよくなったら勝手にメール交換してね!
★でもどりOK!いつでも退会可能!
★写メの登録ももちろんOKなので逢う前から安心。

サーバーの要領の問題もあるので一定数の会員さんが集まったら、新規入会受付は終了の方向らしいです。

最後にこれは僕にとっても諸刃の剣です。
だって男性会員が増えれば同時にライバルも増えるワケです。
でも男性会員が増えなければ当然女性会員も増えません。
と、いうワケで僕が主に利用しているサイトを何個か上げてみました。
主に女性会員の登録を期待しています(笑)
(上のサイトが再び書かれていました)
---------------------------------------
会員様向け配信です。
ご不要な方はそのまま返信してください。
※当サイトに掲載されておりますサイトは当サイトとは関係ございませんので
質問・ご不明な点は各サイトのインフォメーションにお問合せください。

会員でもないのに、メルマガらしきメールが送られてきました。
内容は、「出会い系サイト」とはなにか、を真剣に考えている、栗木面内(何と読むのか?)氏の考察です。
しかも「vol.23」。バックナンバーが読みたい。

彼の考察を要約するとこういう事のようです。
出会い系サイトの中には、時間を問わずすぐに返事は来るものの、実際に会ってくれる女性が現れない、いわゆる「サクラ」を用いているサイトがある。
本来の「出会い系」とは、綺麗事抜きで男女が会える機会を求め、それを満たすことが出来るものであり、夜中に女性からの返事が来なかったり、一度断られた相手と疎遠になることはむしろ当然なのだ。

つまり、なかなかこの手のサイトに入会しにくい女性側に、「入会する理由」を与えつつ、さらに当事者同士の自由な恋愛をサポートできる環境が整えられていることが、本当の「出会い系サイト」の条件である。

そのようなサイトをリストアップし、紹介することは、男性のライバルが増え、個人としての利益に反する面もあるが、敢えて紹介することで、男性顧客に伴った女性顧客の誘致を促し、サイトの発展、ひいては個人の利益となるはずである。

この栗木氏は、相当出会い系サイトを利用していますが、実際に合ってくれる女性は少ないという現状を、上のように考察しているわけです。

「彼がメールだけで女性に好かれない人物」である、という可能性はないのでしょうか?

また「サーバーの要領」というのは、「容量」の間違いでしょう。

まさに彼は「ようりょう」の悪い人間なのかもしれません。

おあとがよろしいようで。


posted by molten at 15:21| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スパムワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。