2005年07月09日

[賞状]

賞状は普通、句読点が付いていません。

これは、「句読点とは、あまり文章を読めない人に対して、分かりやすくするためにつけるもの」という古来の日本の考え方が反映しているためです。

つまり、賞状をもらえるほどの人物に句読点をつけた文章を渡すのは、相手を見下すことになり失礼だ、というわけです。

今なら、例えば全部の漢字にルビ(読み仮名)が付いた賞状をもらったら、ちょっと馬鹿にされた気分になると思いますが、そういう事でしょうか。

現在、句読点のない文章などどこを見てもありませんから、古いしきたりだといわざるを得ませんね。

ということで、ちょっとやってみましょう。

(句読点なし)

賞状は普通句読点が付いていませんこれは「句読点とは、あまり文章を読めない人に対して分かりやすくするためにつけるもの」という古来の日本の考え方が反映しているためですつまり賞状をもらえるほどの人物に句読点をつけた文章を渡すのは相手を見下すことになり失礼だというわけです今なら例えば全部の漢字にルビ(読み仮名)が付いた賞状をもらったらちょっと馬鹿にされた気分になると思いますがそういう事でしょうか現在句読点のない文章などどこを見てもありませんから、古いしきたりだといわざるを得ませんね

(全ルビ)
賞状(しょうじょう)は普通(ふつう)、句読点(くとうてん)が付(つ)いていません。

これは、「句読点(くとうてん)とは、あまり文章(ぶんしょう)を読(よ)めない人(ひと)に対(たい)して、分(わ)かりやすくするためにつけるもの」という古来(こらい)の日本(にほん)の考(かんが)え方(かた)が反映(はんえい)しているためです。

つまり、賞状(しょうじょう)をもらえるほどの人物(じんぶつ)に句読点(くとうてん)をつけた文章(ぶんしょう)を渡(わた)すのは、相手(あいて)を見下(みくだ)すことになり失礼(しつれい)だ、というわけです。

今(いま)なら、例(たと)えば全部(ぜんぶ)の漢字(かんじ)にルビ(読(よ)み仮名(がな))が付(つ)いた賞状(しょうじょう)をもらったら、ちょっと馬鹿(ばか)にされた気分(きぶん)になると思(おも)いますが、そういう事(こと)でしょうか。

現在(げんざい)、句読点(くとうてん)のない文章(ぶんしょう)などどこを見(み)てもありませんから、古(ふる)いしきたりだといわざるを得(え)ませんね。
どちらも、バカにされた気分になります。


posted by molten at 15:44| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。